握りやすく、つまみやすいお箸 

五角 七角 八角の特徴

 

 

 

五角箸

 

太めのお箸がお好きな方にお勧めです。

七角より1面が広く、太めに感じることが出来ます。
また、箸を持つ三本指と同じ奇数角で、
とても安定して収まるので、握りやすさを感じることが出来ます。

 

七角箸

 

ショップ一番人気の角形状です。

人間工学的にも、奇数角の七角が
お箸を握る三本指に絶妙に収まります。
少し太めの手にしっくりくる大黒屋を代表するお箸です。
ショップお勧めです。

 

八角箸

 

誰にでも平均した使い心地の幅広い層に人気の八角箸。

丸に近い八角面は柔らかい持ち味

 

 


   握りやすくするとは

   箸は、親指、人差し指、中指の3本のみで握っています。

   そのため、3本指に安定して収まる、面が多い多角形の八角、

   さらに箸を握る3本指と同じ奇数の五角、七角に削っています。


   食べ物をつまみやすくするとは

   はさむ、つまむ、ほぐす、切る、裂く、運ぶ、

   といった多様な動作をたった2本で行うためには

   2本の箸先がぴたり合う必要があるため、かんなで一本一本削って仕上げています。

   この削りにより、あまり開かなくても楽に食べ物をつまむことが出来ます。

   ※これがまたいいのですが、握った時の印象としては、
   一般的なお箸より太く、すこし重さがあるお箸になっています。
   また、実際にご使用になられた時、手の感覚が角の数で驚くほど違うことを感じられると思います。

   シンプルな物ほど、ごまかしがきかず、職人の腕が試されます。
   単に多角形に削るのではなく、箸全体のバランスを見ながら手の感覚だけで仕上げています。
   これぞ職人技のお箸です。

   どうぞ大黒屋を代表する多角形のお箸をお楽しみ下さい。