紫檀 七角利久箸(オイル仕上げ)

紫檀 七角利久箸(オイル仕上げ) 

 

木のぬくもりが感じられるオイル仕上げのお箸です

 

江戸木箸のオイル仕上げのお箸では、植物性のオイルを使用し木箸が本来持つ、

箸の機能性・木のぬくもり・経年変化による味わいを最大限活かした仕上げとなっております。

 

男女ともに昔から人気の希少材

唐木三大銘木(カラキサンダイメイボク)の一つです。

 

昔から日本人に親しまれている、とても知名度が高く人気の木材です。

古くは遣唐使が持ち帰った木材で、

奈良県東大寺の正倉院御物の唐木細工などにも使われています。

海外では、ローズウッドの名で知られています。

木目は赤褐色と黒色の縞模様があり、落ち着きのある色合いが高級感を生み出しています

 七角利久箸について

 

「美しいお箸」 一言で表すならこの言葉が一番に浮かびます。

全体がきれいな七角形で作られるだけでなく、

握る部分は、ほどよいふくらみを作っているので、

それがまた美しさを引き立てています。

端が細く削られているのは、

かの千利休が客人をもてなそうと

当日の朝に、箸の両端を細く削り出し、

客人に木の香りを楽しませたのが由来と言われていますが、

この端の部分も七角に削るのはこのお箸だけです。

七角だけでなく、さらに流線形にすることは相当難しく、

大黒屋でも1番作るのが難しいお箸です。

実際に持つと、重さのバランスがいいので、持ちやすく、

さらに親指と人さし指の間に収まる七角がなんともいえない、

持ち心地がいいお箸です。

不思議と持っている手もきれいに見える、姿勢を良くして食べたくなる気持ちが湧いてきます。


持ちやすく、食べやすい、そして、美しい大黒屋を代表する七角利久箸です。

※ お届けの木目について

天然の木目は、産地や部位により同じものが2つとありません。また、モニター解像度により木目の色も見え方が変わります。
仕入れた木材にもよりますが、職人が箸として使えると判断したこだわった木目は、全体の4割しか使われない時もあります。また、一切の妥協をせずにきれいな木目を見つけるまでは、次回入荷も未定になるほど、厳選された木目だけをお届けしています。厳しい自然を生き抜き、さらに職人により厳選して届いた木目は、あなただけの世界で1つのお箸です。どうぞお箸との出会いをお楽しみ下さい。

 

長さ:23.5cmと25cmがあります
表面仕上げ: オイル仕上げ

科目: マメ科ツルサイカチ属
産地: タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム
比重: 約1.04

 

無垢のお箸なのでご自身でオイルを塗りメンテナンス出来ます 。

 

 メンテナンス方法 

 

約1週間を目安に、キッチンペーパや柔らかい布等に植物性のオイル(オリーブオイル等)を含ませ

 

お箸全体に塗り、しばらく置いてから余分なオイルを拭き取って下さい。

 

また、箸先が白くなった場合もオリーブオイルでメンテナンスしてあげて下さい。

 

 ※匂いがあるエクストラバージンオイル等はお箸に匂いが付きますのでご使用は避けて下さい。

 

 ご自身でメンテナンスをするのでとても愛着が湧いて来ます。

  お箸の経年変化もお楽しみ下さい。 

紫檀 七角利久箸(オイル仕上げ)

販売価格: 12,960円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

長さ 在庫
23.5cm(女性用)
25cm (男性用)
ギフト箱:

プレゼント用のラッピングをご希望の場合は、上記よりギフト箱をお選び下さい。

※短冊と熨斗はギフト箱をご購入の場合のみ可能です

ギフト用短冊又は熨斗 (任意):

熨斗の下段に記載するお名前が必要な場合は下記にご記入下さい。
 ※3名様以上の場合は有志一同、子供一同などのご記入をお願い致します。


短冊をご選択の場合は熨斗の名入れは出来ません。


のしは有料です。
のし下段お名前 右1列目 (任意):
最大25文字
のしは有料です。
のし左2列目 (任意):
最大15文字
手提げ袋 (任意):

販売価格: 12,960円(税込)

数量:
お問い合わせ


お箸選びに迷ったら(ご自宅用)

    

 希少材選びに迷ったら(ご自宅用)